ふうた、一回目の手術無事終了♪

わんこプロフィール&健康状態 comments(1) - forわんDog
明日はフリマ!

暑くなるようですが、
雨は降りそうにないので一安心♪

こんにちは、forわんDogです。


先週10日、予定通り
ふうたくんの手術が行われました。


そして
手術はとてもうまくいったとのことで
予定通り金曜日、退院しました。


手術したふうたくんの左足は




ちょっとびっくりしちゃいますが
こんな風にクギのようなもので
膝のお皿が動かないように固定されています。
正面から見るとこんな感じです。



変な方向にひっぱっていた筋肉を切り離し、
正常な右足と
ほぼ同じような角度になりました(*^^*)



膝が変な角度を向かなくなったおかげで
股関節のほうも、
正常とはいかないまでも
ほぼ支障がない程度に、
いい位置にはまったそうです(*^^*)♪

こちらが正常な右足。



こちらが左です。



これでたぶん股関節の方は問題ないでしょうとのことでしたが、
稀に、成長とともに
たとえば骨と骨があたるようになったりして
痛みがでるようなことがあれば
それはまた別途手術になるそうです。

こればっかりは
そうなりませんようにと
願うことしかできませんが…。

また、足が曲がらないがゆえに
使っていなかったせいか
左足の靭帯が短いそうで、
お皿の位置が少し低い位置に
なってしまっているそうです。




とりあえず今はこの状態でいいそうで、
手術した足(膝が曲がる状態)で過ごしているうちに
靭帯が伸びてくれて、
で、
お皿が正常な位置で留まれるように
なればいいのですが、

靭帯が伸びてくれない場合は、
次の手術のときにお皿を削る手術とともに
< 靭帯と繋がっている下の骨を切ってずらす手術も
することになるかも、とのことでした。

靭帯は切ってしまうと後後大変なので、
その靭帯がくっついている骨を切って、
少しずらして、その状態で
骨がくっついてくれるように
するらしいのです。

医学ってすごいなぁと思いながらも
靭帯がうまく伸びてくれるといいな、
と願っています。


と、足の方はこのような状況ですが、
当のふうたくんはとっても元気で、
先生も
『幸か不幸かあんまり痛くないみたいで
だいぶ暴れてました』
と(^◇^;)

膝は毎日100回以上曲げ伸ばししてあげて
屈伸運動をさせてあげなければいけないのですが、
かといってあまりにも暴れると
中にいれたクギがズレたりしてしまうことも
あるそうなので
屈伸運動してあげるときもヒヤヒヤ、
そして何より
先生もおっしゃってたとおり
足なんてまったく気にせずものすごく暴れるので、
これまたヒヤヒヤです(^◇^;)


でも、ふうたは特に痛がる様子もなく
とっても元気なので、
それはよかったな、と思います♪( ´▽`)



明日のフリマは
『ふうたん頑張れフリマ』
ではありますが、
術後まだ10日ほどで明日は暑いらしいですし、
預かりばあやも仕事からフリマに
直接駆けつけるため
ふうたくんはお留守番です。

いつか、フリマで看板犬できる日も
くるかもしれませんので、
そのときまで
楽しみに待っててくださいね♪( ´▽`)


では!

ふうたん頑張れフリマで
お会いしましょうー♪( ´▽`)


forわんDog
無料ブログ作成サービス JUGEM