たえちゃんの体について。

わんこプロフィール&健康状態 comments(4) - forわんDog

 

このところいいお天気が続いてうれしいなー

 

 

思っていたら

雨が降り出した東京メトロポリタンです☆

 

みなさまこんばんは♪

 

 

 

 

腎臓の数値が低く

『タンパク喪失性腎症』

の疑いがあるため

腎臓の生検が必要といわれていたたえちゃん。

 

 

協力病院の先生いわく、

 

腎臓の生検はおなかをあけて

腎臓に太い針をささなきゃいけないそうで、

 

それなら、

どうせならおなかを開けるのが一回ですむように、

検査と一緒に避妊もできたらいいね、

 

ということで

 

昨日、諸々の検査のため

たえちゃんをつれて大学病院に行ってきました。

 

 

1時間ほどかけて

改めて血液検査や尿検査、エコー、レントゲンなど

一通り、詳しく再検査をしていただきました。

 

 

 

 

結果は・・・

 

 

やはり尿にたんぱく質がでてしまっていて、

血中アルブミンの数値が低いことから、

原因は腎臓だろう、とのことでした。

 

 

この原因として考えられるのが

 

1.血圧が高い

2.免疫的な問題

 

このどちらかだそうで、

 

たしかにたえちゃんは血圧も高く、

通常犬は160超えないところが

180くらいだそうなのですが

 

それでも腎臓に悪影響を及ぼすほどとは

考えにくいことから、

おそらく免疫的な問題のほうが

可能性が高いでしょう、とのことでした。

 

 

また、

子宮がとてもちいさく、もしかしたら

もう子宮はないのかもしれない、

 

ただ犬の子宮はヒートや妊娠の場合以外は

小さいそうで、

あるのかないのかは

おなかをあけてみなければわからないそうです。

 

 

そして、

脾臓に1.6cm×1.5cmくらいの

腫瘍があることがわかりました。

 

たえちゃんの脾臓の大きさから考えると

けっこうな大きさなのでとったほうがいいとのことで、

 

脾臓の摘出も行うことになりました。

 

 

また、心雑があるといわれていた心臓は

 

大動脈弁閉鎖不全が中〜重程度、

肺動脈弁閉鎖不全と三尖弁閉鎖不全が軽度。

 

 

以前の診察でも

心雑は年齢も年齢だしさほど心配することは

ないでしょうといわれていましたし、

もちろん現時点で生活への支障や投薬の必要などもありません。

 

ただやはり、

 

手術となると・・・、ということのようです。

 

大動脈弁閉鎖不全も、

高血圧が改善されれば緩和されるのではとのことで、

 

避妊や脾臓摘出の手術ができないほどではないのですが、

 

手術にあたっては

血中アルブミンの数値に加え、

この心臓にも注意を払いながら

行わなければならないそうです。

 

 

これから1週間ほど薬を飲んで、

数値がよくなっていれば手術のリスクも少し減りますが、

 

よくなっていなければ、その分

リスクも減らない中での手術になるそうです。

 

 

『うんともすんとも言わず

とってもいいこでしたよー』

 

と言われる程

 

検査の間もとてもおとなしくいい子だった

たえちゃんでしたが、

 

 

 

 

さすがに疲れたみたいで

車の中では爆睡でした。

 

たえちゃんがんばったね(^^)

 

 

ということで、

たえちゃんは来週はじめにもう一度

服薬後の検査を受けに行き、

 

その後21日に、

腎臓の生検および避妊、脾臓の摘出手術を

行うことになりました。

 

 

脾臓の腫瘍のほうは、取り出して病理検査をしないことには

良性か悪性かはわからないそうですが、

それがクリアになれば、

そのことを里親様にお伝えすることができます。

 

そして腎臓の生検ができれば

たんぱく質が流れ出る原因も特定でき

確定診断がでるので、

お薬療法など対処の仕方もわかるようになります。

 

前向きな手術、そして検査です(^^)

 

 

そうそう、

ひとついいお知らせもあります♪

 

アレルギーがあるかもとお伝えしていましたが、

食べ物のアレルギーに関してはさほど心配はないようです。

 

これは今回の大学病院ではなく

いつも世話になっている協力病院で伺ったのですが、

毛のない場所から考えて

プードルによくあるむしっちゃう病気??クセ??

みたいなものなのではないかということで、

 

おやつやジャーキーなどをあげないようにすると

改善されることがあるそうなので、

それを伺ってからは

たえちゃんにはおやつなどはあげないようにしています。

 

でもみんながおやつ食べてるとき一人だけないのはかわいそうなので

たえちゃんにはかわりにフードを数粒あげています(^^)

 

 

アレルギーじゃなかった、ということについては、

いいお知らせかな??と思います(^^)♪

 

 

 

 

 

大学病院での検査や手術は

やはりけっこうな費用がかかりますが、

 

でも、こういう時のために、

 

フリマを開催し、

多少のストックを作っておくことができました。

 

ですので

 

たえちゃんの手術ができるのは、

いつも応援してくださっている皆様のおかげです。

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ちいさな体で

ずっとがんばってきたたえちゃん。

 

この先はとびきり幸せになってほしいと

心から願っています。

 

せっかくひどい環境から出られて、

目の周りの皮膚や足のハゲハゲもよくなってきて、、

 

たえちゃんの幸せはまさにこれから!!!

 

 

 

 

そのためにもまずは、

すこししんどい思いはさせてしまうけれど、

 

手術がうまくいって、

腫瘍も良性であることを

 

願うばかりです。

 

 

たえちゃん、

がんばるんだよ!!!

 

痛いのもつらいのも、

これが最後だからね!!!

 

 

 

 

どうかみなさま、

たえちゃんの手術がうまくいきますよう、

パワーを送ってください!!

 

21日の午後、

ちょっとだけ、

 

たえちゃんを思い出して

祈っていただけるとうれしいです。

 

 

たえちゃん、がんばろうね!!

 

 

 

 

手術の結果や生検の結果などは

またこちらでご報告いたします。

 

取り急ぎ、

現時点でのたえちゃんの状態について、

ご報告でしたm(_)m

 

 


forわんDog

 

コメント一覧

たえちゃん、りーこさん、お疲れ様でした
たえちゃん手術頑張ってね
その日は、まるの半年命日です
だからまるにたえちゃんを守ってねってお願いしておくよ
みーんなが応援しているから絶対に大丈夫
幸せになる為に、いやもう幸せのレールには乗ってるね

  • がじゅうさん
  • 2016/12/14 12:15 AM

色々な病を乗り越えて!たえちゃん頑張って! りーこさんが付いているから大丈夫!!
大事な命ですものね!

  • ボータンさん
  • 2016/12/14 6:14 PM

がじゅうさん♪

ありがとうございます!!
まるくんの半年命日なんですね。
まるくんもきっとお空からたえちゃんを見守っててくれますね(^^)
祈る気持ちが天を動かすはず!!
と信じて、私も全力で祈りたいと思います!!

  • forわんDogさん
  • 2016/12/15 7:55 PM

ボータンさん♪

ありがとうございます♪
みんなが見守ってるから、
応援してくださる方や祈ってくださる方がたくさんいるから
きっと大丈夫!!
そう信じて送り出そうと思います!!!

  • forわんDogさん
  • 2016/12/15 7:56 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM