はるくん&ひなたくんの募集開始とふうたの足について

わんこプロフィール&健康状態 comments(6) - forわんDog

 

ゴールデンウィーク、はじまりはじまりー♪

 

今年はお天気に恵まれそうで、

お出かけも楽しめそうですねっ♪

 

 

さてさてお待たせいたしました!!

 

去勢手術も無事終わり

毎日元気いっぱいのはるくん、ひなたくん、

募集を開始いたします♪

 

 

はるくん

 

ロングコートチワワ、男の子、9ヶ月、2.15kg

 

人懐っこくてフレンドリーな

甘えん坊の可愛い子です。

他のわんことも仲良くすごせます。

血液検査問題なし、フィラリア陰性、

尿検査・検便の結果も問題ありません。

大泉門はあります。

パテラは右がグレード1、左はありません。

 

 

 

ひなたくん

 

スムースコートチワワ、男の子、9ヶ月、1.85kg

 

やんちゃで元気いっぱい、甘えん坊の男の子です。

他のわんこにもとってもフレンドリーです。

抱っこは、するときは逃げませんが、

長く抱っこされているのは苦手で

獲れたてのお魚のようにびっちびちに暴れるので

落っことさないように注意が必要です。

血液検査問題なし、フィラリア陰性、パテラなし。

尿検査の結果でストラバイトがプラスでしたが

このくらいの年齢の子には時々あるそうで、

協力病院の先生いわく

念のため1歳になったくらいで再検査を、

とのことでした。大泉門はあります。

 

 

ふたりともチワワでも小さいタイプで

やんちゃざかりでもあることから、

あまり小さなお子様のいらっしゃらない

お留守番の少ないご家庭を希望させていただきます。

 

 

 

そしてふうたくんは、

 

ゴールデンウィーク明けに

大学病院で足の手術をすることになりました。

 

 

一刻も早く専門医に診せたほうがよいと、

協力病院の先生が

整形外科の専門医がいてなおかつ

一番早く診察の予約が取れる大学病院を探して

予約を取ってくださり、先週、行ってきました。

 

左足が動かない原因は外傷性のものではなく、

先天性のひどい膝蓋骨脱臼(パテラ)だということが

わかりました。

 

 

これ↓がふうたの正常な右足。

横から見た図です。

 

 

そしてこちら↓が動かない左足。

本来は横から見たら右足のように

『くの字』になっているべき骨が、

ほぼ反対を向いてしまっています。

 

 

正面から見るとこんな感じで、

上の骨までへんな方向を向いてしまっていることが

わかります。

 

 

膝のお皿のはずれ方がひどく、

それのせいで太腿の骨もねじれて股関節がはずれ、

また、ひざから下を引っ張っている筋肉の

4本あるうちの1本があらぬ方向を向いてしまっていて、

この筋肉に引っ張られることによって、

成長期でどんどん長くなっていく骨(足)が

ほおっておくと

その成長とともにどんどん変形してしまうそうです。

 

月齢がもう少し、5ヶ月くらいを過ぎていれば

手術も一回ですむのだそうですが、

ふうたの場合はまだ3ヶ月と若く骨がやわらかいため、

まずは骨はいじらずに、

あらぬ方向に引っ張ってしまっている筋肉を切り離し

(この筋肉は4本あるので、変な方向をむいている1本を切っても問題はないそうです。)

骨の変形を防ぐとともに、膝のお皿をあるべき位置に戻して、

それが動かないように外側に杭のようなものをうって

固定するのだそうです。

 

本来、お皿の下の骨はお皿を乗っけるためにくぼんでいて、

くぼみがあるからその位置に留まっていられるそうなのですが、

ふうたはそのくぼみもなく平坦になっているため

杭をうつことで正常な位置に留まらせておくそうです。

 

その後、

2ヶ月ほどその状態でリハビリをしつつ様子をみて、

2回目の手術になります。

うまくいけば1回目の手術だけで済む場合もあるそうですが、

残念ながら実際はなかなかないそうです。

 

その2回目は、

1回目の手術で正常な位置に戻されたお皿が

自らの動きで下の骨を削ってくぼみができていれば

ほぼ杭をはずすだけですみますが、

もしくぼみができていない場合は

そこを削る手術も加わるそうです。

 

 

こちらの先生も協力病院の先生と同じご意見で、

一刻も早く手術をしたほうがいいとのことでした。

 

ふうたの場合は成長期ゆえに、このまま何もせず

筋肉に引っ張られたまま骨が成長していくと

骨がどんどん変形してしまい、

そうなると骨を切断する手術もしなければいけなくなり

もっと大変になる。

だから、2段階にわけて

まずは筋肉のバランスをとる手術を行い、

その後、月齢が5ヶ月過ぎて

骨が今よりもやわらかくなくなった頃に

骨の形状をよくする手術をするほうがよい、

とのことなのです。

 

股関節に関しては、

膝に引っ張られている部分が多いので

膝がよくなれば自然と改善するでしょうとのことでした。

 

現時点では本人的には痛みはないようですが、

このままほおっておくと骨が変形し

筋肉に引っ張られて痛みもでてくる、

 

今手術をすれば

それを食い止めることができるのはもちろん、

正常な足と全く同じというわけにはいかないものの

普通に歩いたり走ったりできるようになるでしょう、

とのことでした。

 

 

パテラは、

小型犬は年齢とともにに出てくる場合も多く

様々な症状や状態があったり、

先生の考え方によって診断も変わってきたりすることも多いですが、

今回ふうたに関してはパテラの中でも緊急性があるということで、

手術をしていただくことに決めました。

 

大学病院での手術で

2回に分けなければいけないということで

費用も1回より必然的に多くなりますが、

皆様のご協力によりフリマをたくさん開催してこられたおかげで

手術に挑むことができます。

これからのふうたの長い犬生、痛みに苦しめられることなく

溌剌と駆け回れるようになってほしいと願っています。

 

 

というわけで、

ふうたに関してはもうしばらく様子をみながら

募集を考えたいと思います。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!!!

 

 

 

 

 

 

 

forわんDog

 

 

コメント一覧

はじめまして
みんなかわいいですね
はるくんに一目ぼれです
是非家族になりたいです


ふうたくんはやく良くなるとよいですね

家は高校生の息子が一人いて犬をほしがっているので可愛がるとおもいま

主人も昔犬を飼っていました

はるくんとお散歩できる日を楽しみにしています

ぜひ宜しくお願いします

  • 廣田祥子さん
  • 2017/04/30 4:43 PM

廣田祥子様

コメントありがとうございます。
メールをお送りいたしましたので、ご確認くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

  • forわんDogさん
  • 2017/05/01 12:37 AM

おはようございます。
初めまして
掲示板見させていただきました。

ひなた君はもう決まってしまいましたでしょうか?

3年前にチワワを15歳で亡くしてなかなか飼えなかったのですが、最近寂しくて又飼いたいと思い探しておりました。

もし、まだお決まりで無いようでしたらお話お伺いしたいです。
宜しくお願いします。

  • 優さん
  • 2017/05/09 8:48 AM

優 様


はじめまして。コメントありがとうございます。
メールをお送りいたしましたので、ご確認いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

  • forわんDogさん
  • 2017/05/11 11:45 AM

優 様


たびたびすみません、メール送信したのですが、
エラーで戻ってきてしまいました。

ひなたくんはすでにトライアルが決まりお話が進んでおりますので
大変申し訳ないのですが、
今後またチワワが来ることは多々あると思いますので、
そのときはぜひホームページからお申し込みをいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • forわんDogさん
  • 2017/05/11 11:59 AM

ご返答ありがとうございます。
アドレス変更してみました♪

了解しました❗
無事決まり幸せになるといいですね♪

又ページのぞかせてもらいます♪

ありがとうございました♪

  • 優さん
  • 2017/05/12 9:04 AM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM