たくさんの笑顔をありがとう

わんこ comments(1) - forわんDog

 

怒涛の11月が足早に過ぎ去り、

気がつけば今年もあとひとつき・・・。

 

やえちゃんのお届けのこと、

ブレーメンパークのこと、

12月のフリマのお知らせ、

これまでいただいているご支援品・・

 

いろいろ書かなくちゃ書かなくちゃと思いつつ

時間に追われる日々が続いていました、すみません。

 

 

そんな中、

さあ、今日こそブログを書こう!まずはやえちゃんのこと。。

 

なんて思っていた昨日、

思いもよらない知らせが届きました。

 

誰の番号だろう??

見覚えのない固定電話からの着信に

おそるおそる電話に出ると、

 

電話の主は、たえちゃんのママさんでした。

 

たえちゃんが、

夕方、天国へ行ってしまいました、と。。。

 

 

本当に、想像だにしていなかったその言葉に、

一瞬呆然としてしまい、にわかには信じられませんでした。

 

先日フリマに来てくれたときも、

とっても元気そうで、里親さんの腕にぴったりくっついて

この上なく幸せそうだったたえちゃん。

 

 

前日も検診に行って、診てもらったばかりだったのだそうです。

 

「本当に、昨日まで本当に元気で・・・」

 

と、涙ながらにおっしゃる里親様と

電話越しにお互い涙を流しあいながら

たくさんお話を聞かせて頂きました。

 

獣医さんがおっしゃるには、

こんな突然だなんて、そしてそのときの症状から

きっと脳の血管が切れてしまったのではないか、

とのことだったそうです。

 

 

「まだ暖かいの。

このまま生き返るんじゃないかしらと思って」

 

と、

きっととても言い辛かったであろうはずなのに、

たえちゃんを腕に抱きながら、

気持ちも落ち着かない中でお電話を下さって。。

 

 

「せっかく託して頂いた命を、

こんなに早くなくしてしまうなんて本当にごめんなさい」

「うちじゃなければもっと長生きできたのかも」

なんてご自分を責めてばかりの里親様に、

「そんなふうに思わないでください」

「そんなこと絶対にありません」と、そんな言葉しか出てこず、

なんといったらいいのか、

どんな言葉なら

ほんの少しでも気持ちをやわらげることができるのか。。。

 

自分の無力さ、非力さに、

本当にはがゆいばかりでした。

 

 

里親様は、先住のプードルちゃんを亡くされて、

その子にしてあげられなかったことを

この子にしてあげられたら、と

 

病気があることを承知で、

たえちゃんを迎えてくださいました。

 

いえむしろ、病気があるからこそ、

たえちゃんを迎えてくださったんです。

 

 

普通なら問題視されるような、

困るんですといわれてしまうであろう、

 

うんちをふんで踏み散らかしてしまったり

お留守番ができなかったり

 

そんなところも

何をしても可愛い、そこもぜんぶ愛おしい、

たえちゃんは本当にかわいくて、本当にいい子なの、と、

丸ごと受け止めて

かわいいかわいいとおっしゃってくださっていました。

 

 

 

 

以前、たえちゃんが来ることになったから、

たえちゃんがおしっこしちゃってもいいように

丸洗いできる介護用布団に買い換えたとおっしゃっていた里親さま。

「でもね?たえちゃんね、お布団ではおしっこしないんですよ?

ちゃーんとお布団から出てシートにするの。

お布団以外全部シート敷き詰めてあるんですけどね♪

えらいでしょうーーー??」

そんなふうに優しく微笑んでらして。

 

どこに行くにもスリングに入れて連れて行ってもらって、

おうちの中ででも、ずーっといっしょ。

 

ママさんがお夕飯の支度をするときは

ご主人がだっこして下さって、

終わったらまたバトンタッチでママさんがだっこして、、

 

どうしても出かけなきゃいけないときは、

ご主人に予定を聞いて、ご主人が家にいられるときに、

ママさんがでかけるようにしていたそうです。

 

「でもね、気になって気になって、早く帰ってきちゃうの。

それで、玄関に着いたら『たえちゃんーん!』って、まず呼ぶの」

 

「ほんとうにね、赤ちゃんみたいだったの。

1歳児くらいかしらねぇって。

かわいくてかわいくてしかたなかったのよ。」

 

「本当に甘えん坊で、本当に甘えるだけ甘えてたの。

でももっともっと、甘えさせてあげたかった・・」

 

 

そんなふうに、

たえちゃんは本当に、この上なく大事にして頂いて、

この上ない愛情を与えてもらって、

つらかった10年を忘れてしまえるほど、

全部幸せで塗り替えてしまえるほど、

里親様のもとですごしたこの4ヶ月は

最高に幸せだったと思います。

 

私たちも、そんな里親様には

本当に心から、感謝の気持ちしかありません。

 

先住ワンちゃんを亡くされて悲しみの中

たえちゃんを見つけてくださり、迎えてくださって

たっぷりなんて言葉では足りないほどの愛情を与えてくださった里親様に、

こんなにも早くまた悲しい思いをさせてしまうなんて・・・

 

本当に、悲しくて、無念でなりません。

 

 

でも、たえちゃんは

そんな里親様ご夫婦に迎えていただけて、本当に幸せだったと思います。

 

本当の家族ができて、

最高に甘えさせてもらって、

ずっとずっと腕の中でそのぬくもりを感じながら

 

あったかいなぁ、ママの腕の中、最高だなぁって、

きっと幸せな気持ちで、

安心してお空へ旅立って行ったと思います。

 

今度生まれ変わったら

きっと最初からパパとママの子に生まれてくるね、

 

そんなふうに思っていると思います。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

たえちゃんは、

預かり期間が長かったこともあって、

本当に沢山の方に気にかけていただき、愛して頂きました。

 

ふぉーわんのメンバーはもとより、

フリマで出会った方々、

トリミングサロンのみなさん、

ドッグカフェのママさん、

ニクキュウ家のばあやのお友達。。

 

ポスターを作ってくださったり、

ご近所のわんこスポットに

お願いしてまで貼ってくださったりした方も

いらっしゃいました。

 

たえちゃんにかかわってくださった皆様、

優しい気持ちを下さった皆様、

本当に本当にありがとうございました。

 

 

 

 

今は、

里親様の悲しみが少しでも癒されることを願うばかりです。

 

 

たえちゃん。

 

たくさんの笑顔と

たくさんの思い出と

たくさんの幸せな気持ちをありがとう。

 

ずっとずっと忘れないよ。

 

お空から、大好きな優しいママとパパと、
たえちゃんの後輩たちを見守っていてね。

 

またいつか、会おうね。

 

 

 

 

たえちゃん、

 

大好きだよ!!!!

 

 

 

forわんDog

 

 

コメント一覧

たえちゃん、天国へ!!

涙が止まりません!

でも、優しい里親さんに愛情いっぱい、幸せいっぱいで過ごして来たことをキット天国でも皆に自慢していると思います!

生ある者全てお別れがくるもの、如何にして時間の長さでなく日々幸せに、楽しく愛情をいっぱいの想い出が残される者に与えられるのだと思います。私も毎日毎日幸せを頂いて居ます!

時間が悲しみを癒して下さるようお祈り致します。

たえちゃん!!
早く生まれ変わって里親さんの処に来てね!!

  • ぼーたんさん
  • 2017/12/04 7:18 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM